アーサナ最速攻略塾9期生ラナ
膝らくウォーキング×ヨガ講師
ヨガボディex新保式ボールウォーキング
ファシリテーター👟ハルです😊

本日は足ゆびについてです。

前の投稿でお話しした『ウィンドラス機構』

つま先を上げることで、足底筋膜を緊張させ
土踏まずのアーチを作る

ヨガのクラスでよく行われる立ち方
1.つま先上げる。足ゆびを開いて、
2.足の親ゆびだけ床に下ろす
3.足の小ゆびを床に下ろす
4.最後に第2.3.4趾の3本ゆびを下ろす

この立ち方…
足ゆびに力が入ります。

のべ13万人の足を診てきた
フットマスター新保泰秀先生は

「足ゆびは、普段からニュートラルに!
    力を抜いてフリーにしておくこと!」

…と、解説しています。

ずっとモノを掴んででいると疲れます。
つかんだまま歩くことは出来ません。

つまり身動きとれない、
動きに制限がかかる…ことになります。

アーサナ最速攻略塾
ヨガマスター高橋慎悟先生は、

「足ゆびは、倒れそうな時、
    バランスを崩しそうな時に
    緊張させて元の位置に戻す
    緊急事態の装置」

…と、解説しています。

ヨガのポーズ、
サマスティテイ(タダ・アーサナ)
だけでなく、
立位のポーズ全般において

そして
マリーチ・アーサナ
でも同じです。

足ゆびに力を入れる
足ゆびを踏んばって
ポーズをとることはしません。
   
なぜなら…
常に緊張状態であることが
脳に伝わり、
体全体がこわばってしまうから。

本来持っている
柔軟性と筋力を発揮することが出来ません。

パフォーマンスが下がります。

1日のうちで
ヨガをする時間よりも
日常生活動作の時間の方が
圧倒的に長い!

日常生活動作から
ヨガのポーズができる
ヨガボディへ

日常の『立つ、歩く、座る』から

いつも足ゆびはニュートラルに!
力を抜いてフリーにしておく!

つま先重心ではなく
カカト重心で
8:2の法則→カカト8:つま先2

理想的な足首の位置
『ニュートラルポジション』
で立つことにより
自然と足ゆびの力が抜けること

講座で体験していただけます。   

足先から股関節まで根本的に変えたい人のための
『ヨガを根底からクツがえすフットアライメント体験講座』

詳細、お申込み、お問合せは
下記のリンクからお願いいたします。


@haruyoga8

#外反母趾 #巻き爪 #魚の目 #タコ #足底筋膜炎 #扁平足 #膝の痛み #膝痛 #股関節の痛み #股関節痛 #O脚 #X脚 #靴底の減り方 #足のむくみ #扁平足 #足の裏 #足の冷え
#足裏の体重をのせる正しい位置 
#正しい立ち方歩き方
#左右差 #左右差改善 
#足先から股関節まで根本的に変えたい人のための
#ヨガを根底からクツ返すフットアライメントws 
#理想的な足首の位置ニュートラルポジション
#新保式ボールウォーキング 
#ヨガボディex新保式ボールウォーキングインストラクター
#膝らくウォーキング 
#新保先生から学んだこと
#shingoカントクから学んだこと 
@shingoyoga 
@bhoga.umegaoka