アーサナ最速攻略塾9期生ラナ
膝らくウォーキング×ヨガ講師
ヨガボディex新保式ボールウォーキング
ファシリテーター👟ハルです😊

足裏には3つのアーチがあります。

足の内側の縦アーチ
足の外側の縦アーチ
足のつま先側の横アーチ

よく『扁平足』と言われるものは
足裏の3つのアーチのうち
足の内側の縦アーチである
“土踏まず“潰れて平らになって
しまっている状態です。

足裏の3つのアーチの役割は
・全身をバランスよく支える
・歩行時の衝撃を和らげるクッション
・前方へと進む力の伝達
・血液の循環を促進するポンプ

外反母趾や巻き爪、歩行時の疲労、足底筋膜炎など
足のトラブルは、このアーチが崩れること、潰れてしまうことによって起こります。

アーチが崩れないようにするための
ポイントは…

『足首』(足関節)

足首(足関節)の位置がズレると
体重を支えられなくなり
アーチが潰れるのです。

人間の足首(足関節)は、
元々ズレやすい構造なっています。

理想的な足首(足関節)の位置
『ニュートラルポジション』

足首(足関節)が
『ニュートラルポジション』にあることで

足裏の3つアーチが出来き保持されます。

足本来の構造と機能を発揮することが
出来ます。
    

足本来の構造が維持出来れば
足裏のアーチがしっかりあれば
足ゆびがフリーに!

そして足は体を支える土台。
土台が崩れことによって
その上に連なる関節の位置がズレてきます。

足首(足関節)
    ↓
膝関節
    ↓
股関節・骨盤
    ↓
脊椎(尾骨、腰椎、胸椎)
    ↓
肩・肩甲骨    
    ↓
頚椎
    ↓
    頭

まるで『だるま落とし』のように…

土台が崩れることで
バランスをとるために
膝が捻れたり
股関節が捻れたり
脊椎が側湾したり、
反り腰になる…

体はそうやって
なんとか「立とう!歩こう!」
とします。

普段から
足首=足関節の正しい位置
『ニュートラルポジション』を意識して

「立つ、歩く、座る」

日常の動作を見直すことで
全身の筋肉をバランスよく使うことが
出来るようになります。

ヨガのポーズで左右差を感じている方
柔軟性が停滞していると感じている方
いつも同じ箇所に凝りや硬さ強張りを感じている方

体の土台である足から
見直し整えていきましょう!

足先から股関節まで根本的に変えたい人のための
『ヨガを根底からクツ返すフットアライメント体験講座』

詳細・お問合せ・お申込みは
下記リンクからお願いいたします。


@haruyoga8

#外反母趾 #巻き爪 #魚の目 #タコ #足底筋膜炎 #扁平足 #膝の痛み #膝痛 #股関節の痛み #股関節痛 #O脚 #X脚 #靴底の減り方 #足のむくみ #扁平足 #足の裏 #足の冷え
#足裏の体重をのせる正しい位置 
#正しい立ち方歩き方
#左右差 #左右差改善 
#足先から股関節まで根本的に変えたい人のための
#ヨガを根底からクツ返すフットアライメントws 
#理想的な足首の位置ニュートラルポジション
#新保式ボールウォーキング 
#ヨガボディex新保式ボールウォーキングインストラクター
#膝らくウォーキング 
#新保先生から学んだこと
#shingoカントクから学んだこと 
@shingoyoga 
@bhoga.umegaoka